病院での不妊治療【各種検査と受診のタイミング】

女性の代表的な不妊検査 

各種ホルモン検査 

血液検査でホルモンの状態を確認し、異常があれば飲み薬や注射でホルモンの補充が行われます。
また、生殖器系ではなく、甲状腺や脳の異常が見つかる場合もあります。甲状腺疾患等が見つかった場合は、甲状腺の治療そのものが不妊治療となるため、甲状腺の治療を優先させることになります。
逆に、ホルモン検査の結果、ホルモン値が少し悪いからといって、ホルモン補充を続ければ 妊娠できるというものでもありません。ホルモン値を乱した体の不調を整えることが最も大切です。
血液検査の結果だけで不妊の原因が全て判るものではありませんが、いつでも受けることの出来る手軽な検査といえます。 
 

超音波検査 

経腟エコー(内診)で子宮、卵巣の形状や卵胞の発育具合などを確認します。異常があればそれぞれに合わせた治療が行われます。 
 

フーナーテスト

排卵日近くに性交渉を行い、翌日に子宮の入口の頸管粘液を採取して粘液中の精子を顕微鏡で確認し調べます。
活動している精子が見つからない場合は、女性の頸管粘液の質や抗精子抗体、男性の精子の数や質が原因となります。
フーナーテストは、女性側の原因と男性側の原因を一度に調べることが出来るので、結果が悪い場合は男女どちらに問題があるにせよ、人工授精や体外受精が有効になります。 
 

子宮卵管造影

精子と卵子が出会って、初めて受精卵ができますが、精子が卵子に出会うまでの通り道が塞がっていないかを調べる検査です。
子宮内からチューブを入れそこから造影剤を注入しレントゲンで撮影し、左右の卵管に詰まりがないかを確認します。左右両方に詰まりが見つかれば自然妊娠や人工授精では妊娠は望めないとされているので、体外受精の適応となります。
片側のみの詰まりであれば、排卵のタイミングにより確率は下がりますが自然妊娠や人工授精でも妊娠の可能性はあります。 
 

その他

各病院の方針により、クラミジアや風疹など、感染症の抗体検査を行います。 
 
はじめて受診するタイミングについて
不妊のお悩みで病院に行こうと考えてはいるが、いつ行けばいいのか・・・生理中でも行っていいのか・・・など受診のタイミングでお悩みの方もいらっしゃると思います。
女性は生理周期に伴い、低温期や高温期、月経期間など体調の変化が大きいのですが、それぞれの時期でしかわからない項目もあるので、検査を受ける時期はどのタイミングでも構いません。
検査を受けようと思った時に受診するのが大切です。 
 
また、ブライダルチェックといわれる婦人科の検診は、それぞれの病院により検査項目が異なり、不妊治療で必要な検査が行われることはほとんどありません。
婦人科系の病気がないかのチェックとしてならば受診する価値があるものですが、不妊治療の検査とは全く別のものといえますので「ブライダルチェックは問題なかったので安心」とは思わないでください。
 

男性の代表的な不妊検査

精液検査(精子検査)

男性が受ける不妊治療の代表的な検査 でマスターベーションにより採取した精子を検査し、精液量・精子濃度・精子運動率・精子正常形態率(奇形率)などを調べます。
精子の状態はその時々の体調で変化することが多いので、1回の検査だけで判断することは少なく、通常は1~3 カ月以内に複数回検査を行い、総合的に診断されます。
「元気な精子が作られない」こと、「精子自体が少ない、もしくはいない」ことが主な問題になりますが、精子の数が少ないほど高度な治療が必要になります。
精液検査で精子が見つからず無精子症と判断されても、顕微授精の高度な技術の1つに睾丸から直接精子を採取する技術等が開発されているので、検査が早いほどその後の対策も早く行うことができます。 
 

その他 

精液検査で問題がある場合、触診や血液検査、超音波検査などが行われます。 
 
はじめて受診するタイミングについて
男性が不妊の検査を受けるタイミングはいつでも良いのですが、できる限り早めに検査を受けてください。
男性の検査は女性の検査より時間的にも金額的にも軽い負担で済むので、女性と同じ時期か、女性より早めに受けることが望ましいです。 
 
精子の改善策としては、食事や飲酒、ストレスなどの生活環境が精子の質に影響を与えます。
男性側の改善策も女性が行う体質改善と同じですので、夫婦そろって体質改善を行うことがおすすめです。