妊活とアルコール

妊活中はお酒を我慢するべきか?

お酒が好きなのに妊活中だからと飲酒を我慢している方も多くいらっしゃいます。妊活中は禁酒した方が良いのか?お酒を飲まない方からするとどうでもいい話と思いますが、酒好きの方にとってはかなり重要な話になります。

妊活と飲酒について少し書いていきたいと思います。

アルコールより危険なもの

妊活中はお酒を我慢するべきか?

ズバリ言うとお酒が好きで普通に飲める方なら飲んだ方が良いです。適度な飲酒は血流を良くし、気持ちを楽にしてくれます。

「我慢しないといけない」という状況は妊活の大きな壁になる「ストレス」を生みます。飲める方にとってはアルコールよりもストレスの方が避けるべき対象になります。

しかし、注意しないといけないのは「適度な」というところです。

妊活中に限らず、過度な飲酒はやはり体には毒です。どこからが「過度」になるかは人それぞれのアルコール分解に依存するところなのでなんとも言えないところですが、泥酔してしまったり、翌日に残るような飲み方はしない方がよいでしょう。

また、アトピーやアレルギー体質の方は特に気を付けて飲んでください。

アトピーやアレルギー体質の方は元々の肝臓の解毒能力が高いとは言えません。アルコールで更に負担をかけることは避けた方が良いでしょう。

肝臓への負担のマイナスと、我慢することで溜まるストレスのマイナスを比べて、少し難しいですが自分なりの「適度」を定めてください。

お酒飲むと妊娠出来る訳ではない

また、誤解しないでいただきたいのは「お酒を飲むと妊娠出来る」という訳ではありません。ですから飲めない方は無理して飲まないでください。

お医者さんに聞くと大体の先生は飲まない方が良いと答えます。アルコールは毒ですからそれはそうですよね。しかし飲めるのに飲まないことでストレスが溜まるのであればそちらの方が良くないです。

海外の調査では禁酒したグループと普段通りに飲酒したグループの妊娠率を調査したところ、飲酒グループの妊娠率の方が高かったというデータもあるそうです。

妊活に関する悩みや不妊治療は、ストレスを生み精神的に疲弊することが多々あると思います。どうか我慢をし過ぎず、程よいバランスで取り組んでいただけたらと思います。