福岡市中央区の鍼灸院ココは確かな実績をもつ不妊治療院です

ココ


20代、30代、40代それぞれの妊活

ここでは年代別の妊活への取り組み方についてお伝えしたいと思います。

10代や20代前半に不規則な生活を送っていた方や不摂生していた方は、体内の細胞が良い状態と言えず、卵子の質が悪くなっている可能性があるので、特に卵質改善(体質改善)の緊急性が高くなります。また、一般的には35歳以降から体外受精の成功率が下がり、妊娠率・生産率の低下と流産率が増加するとされているため、若いころの不摂生に心当たりがある方は、早めに体外受精への挑戦も真剣に考える必要があります。以下で詳しく解説していきます。

 

年代別妊活の違い<20代> 

妊娠率は年齢とともに大きく下がってきます。そういった意味では20代の妊活は緊急性が低いと思われがちですが、生理周期に乱れがある方や生理痛がひどい方は、子宮や卵管、および卵巣やホルモンバランスに不妊の原因を抱えていることがあるので、早めに病院を受診した方が良いでしょう。不妊症の定義は「1年間夫婦生活を行っても妊娠しない場合」とされていますが、不安な場合は早めに病院を受診しましょう。大切なのは「病院選び」です。
 

20代の方が不妊を意識した時にまずやるべきこと 

正しい病院選び
 
・体外受精まで行える不妊専門のクリニックを受診する
・出来る限り早めに必要な検査を受け、現状を知ることが重要
・検査で何か異常が見つかれば治療を受ける 
 
病院の治療と並行して・・・ 
 
・排卵検査薬を使用し適切なタイミング法を実践する
・体質改善に取り組む 
 

年代別妊活の違い<30代> 

30代の方の妊活は20代の方よりも緊急性は高くなります。生理周期に乱れがある方や生理痛がひどい方はもちろんですが、体に不調がなくても、不妊症の定義を無視して妊活スタートから半年間で授からなければ病院を受診することをおすすめします。病院での検査を受けて、何か問題が見つかれば治療を受けましょう。もちろん体質改善に取り組むことも大切です。そして重要なのが「ステップアップ治療にとらわれないこと」です。タイミング法や人工授精に数年かけ、それから体外受精を受けるもなかなか良い結果がでず、不妊治療が⾧引いてしまうという方が多くいらっしゃいます。このような方は体外受精を早めに受けていれば、少ない回数でもっと早くに妊娠、出産できた可能性が高いのです。妊娠のチャンスを無駄なステップアップ治療でつぶさないように、必要性を感じたらなるべく早い段階で体外受精を受けることも検討しましょう。 
 

30代の方が不妊を意識した時にまずやるべきこと 

正しい病院選び
・体外受精まで行える不妊専門のクリニックをピックアップする
・その中から体外受精の技術力が高い病院を選び、受診する
・検査で何か異常が見つかれば治療を受ける
・必要性を感じたら早い段階で体外受精を検討する
・ステップアップ治療にとらわれない 
 
病院の治療と並行して・・・ 
・排卵検査薬を使用し適切なタイミング法を実践する
・20代よりも真剣に体質改善に取り組む 
 

年代別妊活の違い<40代> 

40代から妊活を始められる方は、実際に治療を受けるかどうかは別として、妊活のスター トから不妊専門クリニックを受診し必要な検査をすべて受けましょう。何か異常が見つかれば治療を受けてください。そして、病院で行われる不妊治療で一番妊娠の確率が高いのが体外受精になります。体外受精を受けるのか受けないのかはパートナーとよく話し合い、受けるのであれば早めに体外受精を受けましょう。しかし妊娠、出産という結果を求める上で最も重要なのが体質改善です。妊活を始める前、 妊娠を意識した瞬間から体質改善を始めてください。体質改善をサポートしている様々な専門家を利用することもおすすめします。 
 

40代の方が不妊を意識した時にまずやるべきこと 

体質改善
・不妊治療を開始する前、妊娠を意識した時から体質改善に取り組む
・体質改善をサポートしている専門家を利用する 
 
正しい病院選び
・体外受精まで行える不妊専門のクリニックをピックアップする
・その中から体外受精の技術力が高い病院を選び、受診する
・検査で何か異常が見つかれば治療を受ける
・ステップアップ治療にとらわれない
・妊活スタートから体外受精を検討し、受けるのなら早めに受ける 
 
病院の治療と並行して・・・ 
・排卵検査薬を使用し適切なタイミング法を実践する 
 
体外受精には、検査ではわからない原因を回避する側面があります。時間的に限りのある40代では、体外受精は有効な選択肢です。また、不妊治療のやめ時について、いつまで続けるか話し合っておくことも妊活を円滑に行っていく上で大切です。自然妊娠が可能な方にとっては「不妊治療をやめる=妊娠をあきらめるではない」ということを理解しておきましょう。 
 

年齢的な妊活のはじめどき、やめどき

病気などない健康な人でも私たちヒトの自然妊娠率は低く、妊娠の条件である排卵日に合わせて性交を行っても妊娠率は20~30%とされています。妊娠や出産はまだ先で良いと思っていても、望んだ時にすぐに妊娠できるものではなく、さらに身体の老化は待ってくれないのです。 子どもが欲しいと思ったときには良い条件ではなくなっている場合もあるので、できるだけ妊娠しやすい身体の状態を保っておくことが重要とされています。妊娠しやすいというのは、子宮や卵巣などの生殖器の状態や、体温などに影響されます。これらはホルモンや自律神経によってコントロールされているので、両者のバランスが乱れると妊娠しにくい身体になってしまいます。晩婚化の現代では、結婚したときにはすでに妊娠しにくくなっている年齢や、体質、環境の方が多いともいえます。不妊治療を始めたものの「仕事との両立が難しい」、「仕事をやめる と金銭的に厳しい」という現実に悩む人も少なくありません。その一方で「仕事のキャリアを積んでから結婚、出産」と考えて妊活を先延ばしにしてその結果、妊娠までに時間を要し、残念ながら妊娠にいたらないというケースもあります。 
 
実際、妊娠や出産を意識するのはどのようなときかを調べてみると
1位「結婚をしたとき・結婚を意識したとき」62.7%
2位「親戚や友人など身近な人の妊娠・出産を知ったとき」52.2%
3位「誕生日など自分の年齢を意識したとき」47.6%
4位「パートナーができたとき」43.0% 
 
また、妊活を始めた年齢を調べてみると28歳が一番多く、その前後3歳に過半数が集中しています。体質には個人差がありますが、いずれにしても妊娠・出産には年齢的な限界があります。結婚が遅くなるほど、妊娠を意識した体づくり、体質改善には時間がかかってしまいます。妊娠適齢期の女性であれば、たとえ今すぐの妊娠を望んでいないとしても、体質改善を意識した生活習慣の見直しはすぐにでも始めてください。 また、不妊治療をやめることと妊活をやめることとは意味が異なります。不妊治療をやめることの意味は、病院での積極的な治療をやめることであり、妊活をやめることは、健康的な体質改善の習慣をやめることを意味します。よって、妊活=積極的な体質改善をやめる必要はないでしょう。そして、たとえ妊活をやめたとしても、それまで実践してきた結果、手に入れた健康的な体、習慣、パートナーとの良好な関係等は残るので、妊活により失うものは何もないといえます。 
このことをしっかりと理解し、妊活に取り組んでいただけたら幸いです。

次へ


 
一覧へ戻る

ココのご案内

住      所:
〒810-0074
福岡県福岡市中央区大手門2丁目3-2-1F
アクセス:
福岡市営地下鉄空港線『大濠公園駅』から徒歩5分
西鉄バス大手門3丁目バス停から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
092-406-4875
受付時間:
10時~20時
定休日:
日祝お休み

24時間ネット予約

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ