福岡市中央区の鍼灸院ココは確かな実績をもつ不妊治療院です

ココ


病院での不妊治療のまとめ

ここからはより実践的な妊活法についてお伝えしたいと思いますが、まずはこれまでお伝えした「病院で行われる不妊治療」について、もう少し深く掘り下げていきます。

各種不妊治療

・タイミング法

排卵日に合わせてセックスをする手法。
ポイント:排卵日2~3日前を知ることが大切。 精子と卵子にはズレがあるので、卵子が排卵される前に精子が子宮や卵管内に待機しているのが理想。ステップアップしたからといって不要な手法ではない。通院しなくてもできるので比較的手軽。 
 

・人工授精

精子を洗浄、選別し子宮内に入れる手法。
ポイント:精子を直接子宮内に送り込める。妊娠率はタイミング法と同等程度。人工授精のために大量にホルモン剤を使用するのはナンセンス。ステップアップ治療や、体外受精の代用として行うものでもない。病院で行うので比較的敷居が高い。体外受精よりも一桁安い。 
 

・体外受精 、顕微授精

精子と卵子を体外で受精させ、子宮内に戻す手法。
ポイント:着床可能な受精卵を識別できる。妊娠率がかなり高いわけではない。(卵質改善が必須)1回の体外受精で必ずしも妊娠するわけではない。 体外受精の適応は年齢で決まるものではない。病院の技術力により差がある。病院任せにするのではなく、自分でも卵質改善を実施しなくてはいけない。専門の病院でしか行えないので、かなり高額。 


 

人工授精の適応と不適応例 

人工授精をしなくていい方
→フーナーテスト、精液検査の結果が良い方 
 
試したほうがいい方
→フーナーテストの結果が悪い方、精液検査の結果が微妙な方、子宮頚管の問題(頸管粘液の量、抗精子抗体の有無等)、男性側の問題(精液検査の結果が悪い、射精障害、ED等)で子宮頚管を通過する精子の数の問題に引っ掛かる方は、人工授精をした方がいい。つまり、子宮に精子がたどり着けているか?に不安要素がある方は、人工授精により洗浄・濃縮した精子を直接子宮に送り込むため、子宮頸管通過の問題がクリアでき、妊娠の可能性が高まる。 
 
人工授精の流れと注意点
①精子は自宅で採取し持参or院内で採精する
※自宅で採精する場合、精子は温度変化に弱いので保存・管理を慎重に行う

②精子を精製(洗浄・濃縮)する

③子宮内に精子を注入する

※注入するタイミングは、排卵日前日または2日前となる。病院では、超音波検査で卵胞 をチェックしながら実施。また、強制的に排卵させる薬で排卵を調整する場合もある。


今すぐ体外受精を検討した方がよい方 

①卵管がない方、卵管が機能していない方(卵管閉塞)
卵管が無いあるいは卵管閉塞の場合は精子や受精卵が通過できないので自然妊娠は不可能ですが、狭窄や卵管・卵管采に癒着がある場合も難しい。外科的手術で機能回復しない限りは体外受精が適当。 
 
②精液検査の結果が著しく悪い方(数、運動、奇形率)
精子の状態がやや悪い程度であれば人工授精の対象になりますが、特に運動率(前進率)が悪い場合は体外受精が望ましい。 
 
③抗精子抗体を持っている人方
女性側が高い値で抗体保有している場合は人工授精でも子宮内で精子が影響を受けてしまう。 
 
④ 少しでも早く妊娠したい方
年齢等を考慮して少しでも早く妊娠したい場合は体外受精は方法として一番妊娠率が高いため。


体外受精の流れ・注意点
①精子を採取、精子を精製(洗浄)
※採卵日に病院もしくは自宅で採精。場合によっては事前に精子を凍結することも可能。自宅で採精する場合、精子は温度変化に弱いので保存・管理を慎重に行う必要があり、通常は人肌程度の温度が理想とされている。 
 
②卵子を採取
※採卵は自然排卵周期で行う場合と、薬で卵巣を刺激して複数個卵胞を成熟させる方法がある。薬による卵胞刺激方法はいくつかあるが、できるだけ薬は使わない、使うとしても刺激の少ないものが理想。ただし年齢、体質を考慮して選択する必要があるが、現状の傾向としては少しでも多くの卵子を採卵出来るように、大量の薬を使用する病院が多い。採卵は超音波で確認しながら経腟的に卵巣(卵胞)に針を刺し採取する。 
 
③卵子を一定時間追加培養後、卵子の入っている培養液中に調整した精子を滴下(媒精・ばいせい)

④採卵・媒精の翌日に受精確認

⑤受精確認翌日に1回目の分割確認

⑥1回目の分割確認の翌日に胚移植(子宮に戻す)または凍結を行うか、もしくはその後2~3日継続培養 
※分割胚には初期胚(4~8細胞期、48~72時間)桑実胚(96時間)胚盤胞(120時間~)とあるが初期胚または胚盤胞での移植が一般的。 

⑦胚の凍結保存
※複数の胚ができた場合、子宮内に戻す胚を選び、残った胚を凍結保存する。胚や体の状況により、子宮内に胚をすぐに移植せず、すべて凍結保存することもある。

⑧胚移植
※胚を子宮内に移植する。採卵周期に移植する新鮮胚移植と、採卵周期以外の周期に子宮内の環境を整え、凍結した胚を融解し、移植する凍結融解胚移植がある。
 

顕微授精を検討した方がよいケース 

顕微授精は体外受精に更に人の手が加わる治療になります。基本的には体外受精をやった方がいい場合と同じですが、体外受精との違いは体外での卵子と精子の受精方法です。次のような場合は顕微授精を試す価値があります。 
 

受精障害がある

女性側に抗精子抗体がある、精子が透明体を通過できない、精液検査の結果がかなり悪く媒精では受精しない 
 

無精子症で精巣内精子採取術をおこなった方

精子の力が弱く受精しづらい 
 

卵子の機能異常

多精子受精(媒精の際に精子が2匹3匹卵子に入ってしまう) 

 
顕微授精の流れ
顕微授精の流れは基本的に上記の体外受精とほとんど同じですが、下記の 4、5の項目、精子と卵子の受精の行程に、人の手が入るところが顕微授精の特徴です。かかる費用は体外受精より約5万円以上高くなります。 
 
①卵巣刺激

②採卵

③採精と洗浄濃縮処理

④精子の選別

※顕微鏡で精子を観察し、運動能力や形態などをもとに優良な精子1個を胚培養士が選ぶ。

⑤選別した精子1個を卵子内に注入
※卵子の細胞質内に選別した精子1個を注入し、受精を期待する。

⑥受精確認

⑦受精卵の培養と分割 

⑧胚の凍結保存

⑨胚移植
 
<補足>
④では通常の顕微授精(ICSI)よりも高倍率で精子を観察し選別するIMSIという技術も開発されています。また、⑤では卵子の膜を穿刺し、卵子内に精子を注入する方法として、通常の顕微授精(ICSI)は鋭利な針先と吸引力を用いるのですが、平たい針先を用いた、ピエゾICSIという技術も開発されています。体外受精も顕微授精も受診しているクリニックの設備や胚培養士の技術(培養室の質)が重要になります。 

 
 

受精卵凍結について

受精卵の凍結保存は、体外受精や顕微授精で受精・発育した受精卵を凍らせて⾧期間保存しておく方法です。受精卵の凍結保存はメリットとデメリットがありますが、凍結方法の進歩により凍結融解操作による受精卵の生存率が非常に良くなったため、最近では採卵で得られた受精卵をその周期にはひとつも移植せず、全て凍結して子宮内の環境を整えることにより妊娠率の上昇を期待し、採卵とは別の周期に移植する全胚凍結法を行うクリニックが増えてきました。クリニックの方針もありますが、ご自身の身体的、精神的な状態を考慮し、ドクターに相談し納得できる選択を行うことが大切です。 
 

メリット

・多胎妊娠の防止  
凍結融解移植の技術が確立される前は、できた受精卵を採卵周期に複数移植していたため、三つ子以上の多胎妊娠が多くあり、母子ともに命の危険にさらされるケースが多かったが、受精卵を凍結することで移植する受精卵の数をコントロールできるので多胎妊娠を防止できる。 
 
・子宮環境を整える時間が得られることで妊娠率のアップが期待される
採卵の前の様々なホルモン剤による卵巣刺激は、子宮内に着床の妨げになる要因を生み出すことがあるため、受精卵を凍結できれば子宮環境を整える時間が得られ、妊娠率が上がることが期待できる。 
 
・移植のスケジュールをコントロールすることで精神的なストレスが軽減できる
身体的な問題以外でも様々な予定(仕事の都合、旅行の予定などなど)の関係で移植のスケジュールをコントロールできた方が良い場合があ る。


デメリット 

・受精卵にかかるストレス
一旦凍結して融解するという物理的に大きな変化を受精卵に与えるため、一定の確率(5~10%程度)で受精卵が凍結融解後に変性してしまうことがあり、さらに受精卵そのものが破裂してなくなってしまうこともある。凍結融解の技術は進歩しているが、凍結し融かすという行為は、やはり受精卵へストレスを加える行為となる。 受精時の受精卵の発育状況により、凍結に耐えられないと判断され凍結したくてもできない場合もある。 
 
・凍結や保存、融解するお金がかかる
クリニックの価格設定や受精卵の数で変動するが、凍結技術料として35,000 円~、受精卵の 1 年間の保管費用として20,000 円~、融解費用として35,000円~など金銭的なコストがかかる。また、アシステッドハッチングという受精卵を包んでいる膜に切り込みを入れる処置が必要になることがある。アシステッドハッチングにも追加料金として20,000円~の費用が発生してくる。



次へ
 

ココのご案内

住      所:
〒810-0074
福岡県福岡市中央区大手門2丁目3-2-1F
アクセス:
福岡市営地下鉄空港線『大濠公園駅』から徒歩5分
西鉄バス大手門3丁目バス停から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
092-406-4875
受付時間:
10時~20時
定休日:
日祝お休み

24時間ネット予約

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ